眼軸長・角膜厚測定装置 AL-2000
眼軸(眼球の長さ)を計る機械です。
白内障手術をする前の検査として使用します。

■正確な測定が行えます。
 モニター音で視軸の捕捉状態が確認できるため、
 被検眼と測定プローブの位置合わせに集中でき、
 正確な測定が容易に行えます。
■あらゆる測定に対応します。
 4種類の測定眼モードと3種類の測定モードにより、
 あらゆる測定に対応します。

■院内感染を防止します。
 ディスポーザブル製プローブキャップ
 「イマージョンアタッチメント」により、
 測定プローブを感染症の汚染から守り、院内感染を防止します。
 また、角膜保護剤を介して測定するため、
 手持ち測定における角膜圧迫を軽減します。