ハンフリーフィールドアナライザー HFAII
■SITA
長年の研究・開発からその有用性が確証された
閾値測定のアルゴリズムです。
従来の全点閾値やファーストパックで得られる情報を
保持しながらも、検査時間の大幅短縮化を可能にしました。
SITA-Standard、SITA-Fastの2方法より選択できます。
(モデル720ではオプション)

■ブルー・イエロー(SWAP)
特定の高輝度黄色の背景色に短波長の青色視標を呈示して
行う視野検査方法です。
これまでの報告では、従来の白色視標による検査よりも
緑内障性視野欠損が数年早く検出可能とされます。