3DOCT-2000FAを導入しています
3D OCT-2000FAとは最新の3次元眼底像撮影装置であり、
網膜や視神経をより立体的に観察できます。

緑内障や眼底疾患の診断・治療、前眼部の解析に
非常に有用な新しい検査機器です。
3DOCT-2000FA
最新型眼圧測定器を導入しています
最新型眼圧測定器・ノンコンタクトタイプトノメータCP-1では、
患者さんの不快感を軽減するため、
従来機種に比べ眼圧測定時に出る風が優しくなりました。

※眼圧測定器は、眼に風を当てて眼の硬さ(眼圧)を測る機器です。
ノンコンタクトタイプトノメータCT-1
最新型眼圧測定器を導入しています
最新のスペキュラーマイクロスコープSP-1Pでは、
従来機の2倍以上のの範囲の角膜内皮細胞を解析できます。

撮影した角膜内皮細胞を解析することにより、
細胞密度、細胞の面積、六角形細胞出現率などを
算出できます。
ゴールドマン視野計
最新型眼圧測定器を導入しています
視野を測定する機器です。
光の動きや、大きさ、強さを変えて視野を測定する、
動的量的視野測定が可能です。
ゴールドマン視野計
前眼部OCTを導入しています
眼の表面(角膜)~前眼部(眼内の前眼部分)を、
様々な撮影パターンから定量的に解析を行い、
円錐角膜などの角膜疾患や角膜移植術後、緑内障などの
診断・治療に役立ちます。

直接機械が眼に触れることなく、短時間で検査することができます。
前眼部OCT ss-1000
スポットビジョンスクリーナーを導入しています
他覚的屈折値を測定します。
持ち運びが可能なので、機械台にお顔を乗せるのが苦手なお子様や
車椅子の方などにも、3~30秒程で両眼同時測定が可能です。
斜視角も測定出来るので、お子様の斜視・弱視の早期発見にも
有用です。

測定時機械から小鳥のさえずり音が聴こえるので、小さなお子様でも
怖がることなくスピーディに検査を受けて頂くことが出来ます。
スポットビジョンスクリーナー
検査機器紹介
IOLマスター
オートケラトレフラクトメータKR-8100PA 前眼部OCT SS-1000
ノンコンタクトタイプトノメータCT-1
ハンフリーFDTスクリーナー
眼軸長・角膜厚測定装置AL-2000
ハンフリーフィールドアナライザー
スペキュラーマイクロスコープSP-2000P
US800
ゴールドマン視野計
コンピュータレンズメータCL-100/100P
スペースセイビングチャートSSC-330S
INFINITI VISION SYSTEM
ゴールドマンオリジナルスリットランプ
ビズラス532
ニデックCV-30000
AMO白内障手術装置ソブリン
無散瞳眼底カメラTRC-NW6SF/NW6S
ライカ眼科用手術顕微鏡M841
| ホーム | 当院のご案内 | 医師のご紹介 | 待ち時間緩和サービス | 機器紹介 | 求人募集 | アクセス |